宿布区有文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0070
資料群名
宿布区有文書
地域(近世,行政村,現在)
足羽郡宿布村,酒生村宿布,福井市宿布町
資料の年代
1896年(明治29)~1949年(昭和24)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
宿布村は足羽川中流右岸、蛇行する同川に囲まれて位置する。福井藩領で、村高は「正保郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに132石余。
資料群の概要
撮影資料8点はすべて宿布発電所に関するものである。福井県の電気事業は、京都電灯株式会社福井支社の開業が最初である。1895年(明治28)末、同支社が福井市佐佳枝町に設立され、足羽郡酒生村宿布に足羽川を利用した水力発電所を建設することになり、97年5月に認可された。96年1月の宿布区住民との契約では、同区の新田潅漑用の用水路を拡張し、導水路として利用することになっている。宿布発電所は97年11月起工、99年2月竣工、出力80キロワットの発電機が設置され、5月21日、福井市内に配電を開始した。
否撮カードはない。
利用条件
 
県史収載
資料編11 P.844-846
県史以外の収載
 
複製本番号
A0827~A0828
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。