福井銀行本店文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0062
資料群名
福井銀行本店文書
地域(近世,行政村,現在)
福井市,福井市
資料の年代
1896年(明治29)~1956年(昭和31)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
福井銀行は、1899年(明治32)12月創立。1910年(明治43)大手銀行をはじめとして、27年(昭和2)の「銀行法」以降、28年嶺南銀行、30年森田銀行、32年洪盛銀行等を合併あるいは買収し、1945年末では県内唯一の本店所在銀行となった。
資料群の概要
撮影資料は、(1)福井銀行の営業報告書、(2)合併時の関係銀行の書類、(3)その他、からなる。
(1)は、各決算期ごとに作成して株主総会に提出されたもので、福井銀行創業時からの第1期(1900年)から第113期(1956年)までが撮影されている。ただ、このうち戦時下の43年(昭和18年下期)から47年にかけての第88期から第94期は撮影されていない。
なお第88期から90期については、国立国会図書館が所蔵するものをマイクロフィルムに収録した『営業報告書集成』第4集(雄松堂)に含まれている。
(2)の合併時の簿冊としては、越前商業銀行(1912年)、高浜銀行(24年)、大七銀行(同)、石川銀行(26年)、嶺南銀行(28年)、森田銀行(30年)があり、森田銀行の庶務雑書、福井貯蓄銀行の森田貯蓄銀行(1945年に福井銀行へ合併)への合併の際の契約証(30年)、福井信託銀行の「登記ニ関スル書類」が含まれる。経緯は不明であるが小浜銀行の「決議録」(1904-13年)も含まれる。大手銀行、大七銀行、森田貯蓄銀行については営業報告書の一部が残されている。
(3)これ以外では、重役行員名簿(25年、31年)、県下に営業所をもつ銀行で組織された「福井県銀行同盟会」での諮問・答申事項を綴った「福井県銀行同盟会記事」(1916-41年)、福井県農工銀行、悠久銀行、本郷銀行、京都電灯株式会社、若狭商業銀行、大和田銀行、第五十七銀行等の営業報告書が部分的に残されている。
1984年の否撮カードは1943年下半期から46年にかけての業務報告書(第88-94期)と、1957年度(第114-115期)のものである。
利用条件
閲覧できない資料あり。
県史収載
資料編10 P.885-893、資料編11 P.765-767・P.777-799・P.802-806 13点、通史編5 P.596・P.602・P.916、通史編6 P.199
県史以外の収載
『福井銀行六十年史』『福井銀行八十年史』
複製本番号
A0604~A0610、A0751~A0808、A0813~A0826、A1064~A1100
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。