西雲寺文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0042
資料群名
西雲寺文書
地域(近世,行政村,現在)
丹生郡武周村,殿下村武周,福井市武周町
資料の年代
1664年(寛文4)~1862年(文久2)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
武周村は丹生山地北部の大味川上流に位置し、下流には風尾村、上流には二屋武周村があった。はじめ福井藩領、1645年(正保2)松岡藩領、1721年(享保6)からは再び福井藩領。村高は「正保郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに55石余。
西雲寺は専念山誓乗院と号し、真宗仏光寺派。
資料群の概要
撮影資料は近世資料67点。一紙類では書状・願書・証文・免状など、冊子類では各種記録・覚帳・由緒書などがある。西雲寺は1666年(寛文6)、本山仏光寺の文栄により創建されたが、「公用覚帳并願書御寺法御触宗門一札 三巻」(00009)からは、その経緯を知ることができる。「覚」(00033)は1714年(正徳4)、領主松岡藩松平家の斡旋で院家の寺格を得、御坊地となった時の礼金の覚である。
否撮カードは30枚。書状、法名帳、諸記録など。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『福井市史』
複製本番号
A0354~A0362
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。