竹澤信剛家文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0041
資料群名
竹澤信剛家文書
地域(近世,行政村,現在)
吉田郡北今泉村,円山東村北今泉,福井市北今泉町
資料の年代
1686年(貞享3)~1941年(昭和16)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
北今泉村は九頭竜川と足羽川間の沖積平野を蛇行する荒川中流域に位置する。福井藩領で、村高は「正保郷帳」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに845石余。
竹澤家は北今泉村の村役を務めていた。明治期には副戸長・戸長、連合村会議員などを務めた。1941年(昭和16)には北今泉区長・町内会長の記載も見られる。
2006.2.1、241件が当館に寄託。
資料群の概要
最も古い資料は1686年(貞享3)の「(越前諸藩村々高)」で、「北今泉村高八百四拾五石六斗四升」の記載がみえる。江戸・明治期のものが大半を占め、(1)村方文書、(2)明治以降の戸長関係文書、(3)私家文書に大別される。(1)には知行物成之通、田畑𢩹シ帳、庭帳、五人組御改帳などがある。(2)には地租並諸掛帳、(3)には年貢米取立帳、小作米取立帳のほか、香典帳などがある。
撮影は県史編さん時撮影の27点を含む217点(ただし、北今泉全図(00022)は原本なし)。否撮は25点で、地券証、北今泉土地図面、手習手本など。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
 
複製本番号
A0277~A0282、A2977~A3005、A3008
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
文書館に事前にお問い合わせください。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。