徳光区有文書

目録種別
古文書(資料群)
資料群番号
A0023
資料群名
徳光区有文書
地域(近世,行政村,現在)
足羽郡徳光村,上文殊村徳光,福井市徳光町
資料の年代
1688年(元禄1)~1938年(昭和13)
資料目録件数
 
組織歴および履歴
徳光村は江端川上流右岸、文殊山の北東に位置する。福井藩領。1763年(宝暦13)には酒井外記他10名の知行地と直轄地から成っていた。村高は「正保郷帳」では関津村とみえ1641石余、「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」では徳光村とみえ1641石余。
資料群の概要
撮影資料15点は徳光用水に関する帳面類が多い。徳光用水は足羽郡阿波賀中島村で足羽川から取水する大きな用水で、近辺25村の田地を灌漑していた。1700年(元禄13)の「徳光大用水出人足割藤代湯番切米帳」は徳光用水の普請のための人足と藤代、湯番等の経費分担を組合の村ごとに書き上げたものである。
その他、近代の高改覚帳や耕地絵図・地籍絵図などがある。
否撮カードは畔直し関係の帳面類・八幡神社関係の資料・戸籍簿・地価帳など59枚。
利用条件
 
県史収載
 
県史以外の収載
『福井市史』
複製本番号
A0077~A0080
備考
 
利用上の注記(原本閲覧)
原本の閲覧はできません。
利用上の注記(二次利用)
文書館に事前にお問い合わせください。